女性活躍推進・仕事と子育ての両立支援・育休取得支援ならポジティブトランジションへ

仕事と子育ての両立セミナー

「仕事と子育ての両立セミナー」をご依頼いただいたJAM京滋様にインタビュー

仕事と子育て両立をテーマに研修をご依頼をいただいた労働組合のJAM京滋様、担当者の西岡様にお時間をいただきインタビューさせていただきました。

JAM京滋様での研修の概要

JAM京滋とは、機械金属産業で働く人が集まる産業別労働組合です。
日本のエリアごとに組織化されていて、その1つがJAM京滋です。

JAM京滋様は、女性活躍推進などに重点を置いた「女性協議会」が立ち上がるなど、女性が働きやすい環境づくりに積極的に取り組まれています。

JAM京滋様 公式サイト→http://www.labor.or.jp/jam-keiji/index.html

そんなJAM京滋様から、「子育て世代の社員向けに、仕事と子育ての両立について話をしてほしい」とご依頼をいただき、研修を実施いたしました。

テーマ:仕事と子育て両立、保活(保育園探しに関する活動のこと)等
実施回数:1回
方法:オンライン

石倉
本日はお時間をありがとうございます!

西岡様
こちらこそよろしくお願いいたします!

研修をしようと思ったキッカケは何でしたか?

石倉
では早速なのですが、今回「仕事と子育ての両立」をテーマに研修しようと思ったキッカケは何でしたか?

西岡様
JAM京滋では、毎年さまざまなテーマで学習会を取り入れてるんですね。
そのJAM京滋の中で、女性協議会という女性に特化した会を私たちで立ち上げていて、そこで今回、女性に特化した内容で研修をしたい!ということで開催することになりました。

石倉
このテーマにしようと思ったのは?

西岡様
テーマは、とある幹事さんが幹事会で言ったある一言がきっかけでした。
「ウチの会社で保活(※)についての講演会があって参加した。夫婦で参加する形ですごく良かったよ!」って言ってたんですね。

※保育園探しまつわる一連の活動のこと。
西岡様
で、「すごく良かったし、絶対こういう話を聞きたい人は他の会社でも多いと思うから、ウチの組合から声かけて一回開催してみたらどう?」
て言ってくださったんです。それがきっかけになりましたね!

石倉
幹事さんからの声掛けだったんですね

西岡様
そうなんです!
計画するにあたって、「こういうの聞きたい人いますか?」って他の幹事さんにも聞いて回ったら、
そしたら「聞きたい聞きたい!」とたくさん手が上がって。

石倉
いいですね

西岡様
30代の幹事さんも多くて、育休前の方なんかは仕事復帰後の両立に向けてどう準備したらいいのか分からない、保育園の探し方も分からない、、
そんな中で、両立に向けての準備や体験談などを聞いておくと、自分が当事者になったとき安心」という声が多かったです。
それなら開催しよう!と決めました。

石倉
育休前の方の声からスタートしたということですね

西岡様
そうです!
これから子育てする人は不安には思うんだけれども、どうしたらいいのか知らないんですよね。
昔、子育てして今は50代60代になっている人だと、「保活って何?」みたいな。笑。
現代の子育て事情を全然知らない方も多いですからね。笑

石倉
確かに!時代背景の違いから上司とのミスコミュニケーションにつながることがありますものね。

西岡様
ホントに!
それが今回のテーマでもあって、
「保育園を探すには?」
「両立のポイント」
などを、話してほしい項目に上げさせてもらいました!

石倉
オファーをありがとうございます!

研修をするにあたって不安や懸念はありましたか?

石倉
研修するに当たって、不安や懸念はありませんでしたか?

西岡様
そうですね、、
オンラインだったので、通信が上手くいくかという心配が一番にありました。笑。

石倉
なるほど!

西岡様
今までリモートと会場の併用開催はやったことがあるんですが、今回、JAM京滋で初めて、女性協議会がリモートのみで開催するということで、通信が途切れたりしないかどうか、使えない人が出てこないか、だったり。

石倉
オンラインツールの使い方の周知が必要ですよね

西岡様
当日の運営はすべてお任せできましたし、繋がらない人もいなくて、上手くいってよかったです!

講師選びで重視したポイントは?

石倉
講師を選ぶにあたって、重視されたポイントはありますか?

西岡様
そうですね、私たちとしては、

  1. テキパキとハキハキした講師
  2. 質問しやすい雰囲気の講師
  3. 場慣れしていて任せても安心できる方
  4. 自分の経験もお話できる方
  5. 男性女性問わずアドバイスできる方

という基準で、石倉先生を選ばせていただきました。


石倉
嬉しいお言葉をありがとうございます!

西岡様
ゆったりしゃべるタイプの方だったり、内容が難しい方だったりすると、みんな眠くなるんですよね。
他に一人、別の講師の方が候補に上がっていたんですけど、少し前にお話された内容が、ちょっと難しかったんですよ。

石倉
そうだったんですか!私はエンジョイワークショップですからね

西岡様
そう、、私たちの組合にはちょっと難しかったんです。笑。
(年齢層が)上の方が多かったからだと思うんですけど・・・。

講師選びの決め手になったことは?

石倉
講師選びで決め手になったことは何でしたか?

西岡様
一番は、ハキハキ・テキパキと話してくださる、ということでした。
比べたらダメですけど、私以前に、別の講師の話を聞いたんですよ。
その後に、リモートですけど石倉先生とのお打ち合わせの機会があって、私たちの求める講師像にすごく合ってたんですね!

石倉
ありがとうございます!

西岡様
ハキハキ喋る人を求めていたので。
参加者が、寝ちゃったらダメなんですよ!笑。

石倉
ですね!私は寝させませんから。笑。

西岡様
参加していてすごく楽しかったですよ!

石倉
ありがとうございます!嬉しいです!
「今日講師がこんなことを言っててさ」と夫に話題提供してそこからコミュニケーションが取れたりしたら、さらに嬉しいです。

西岡様
内容を実践しているってことですもんね!

石倉
ですです!
だからディスカッションの時間も取りますし、あとは、おむつがなかった実体験の話とか?

西岡様
あれめっちゃ面白かったです!笑
みんなうなずいてくれてましたし!実体験のお話はよかったです!

研修をしてどんな変化がありましたか?

石倉
研修をして、何か変化はありましたか?

西岡様
話がテンポよくわかりやすく伝わって、不安が軽減されてよかった!ということです。

石倉
それは嬉しいです。

西岡様
なんというか、、
みんな、日々忙しくて、流れていくような生活をしてるじゃないですか。
その中で、ちょっとでも気づいてほしいというのが、私たちの願いだったんです。
アンケートで、「これからこうしていこうと思います」という意見がたくさん出たので
「伝わったんだな!」と実感できました。

石倉
ありがとうございます!励みになります。
「この忙しいときに研修?」って最初は思われるんですよね... 笑。
それも分かります。

西岡様
そうですよね~
「ブレークアウトルーム(オンラインで個別ディスカッションができる機能)があるからイヤだ」、と言っている人もいましたし。笑。
みんな初めてすることは抵抗があるんですよね。

西岡様
JAM京滋でも初めての取り組みでしたし、なにせ対面のグループ討議さえも嫌がる方もいましたから。笑。

石倉
あるあるですね。笑。

西岡様
その人も、いざ入ってディスカッションで話したら、
すごい楽しかったんですって。笑。
やっぱり受けてみないと分からないですよね!

石倉
そこも私の役割ですね。話すハードルを下げる。いかに参加していただくか。
眠たいと言われる講座も多いですし、それを打破します。

西岡様
私たちも、もうちょっと参加のハードルを下げられたらなと思います。
といっても、案内にも、難しいこと書いてないんですけどね~笑

これからの目標はありますか?

石倉
西岡さん、今回の研修を活かして、今後実現したい目標はありますか?
西岡様
私たちには、何か発見してもらいたいなという気持ちがあって、それをテーマに今後もやっていけたらなと。
働きながら子育てって本当に大変なんですよ!
今の女性を見ていて、負荷がかかってるのがわかります。
西岡様
男性も参画してくれてはいるんですけど、女性からすると「今ここじゃないよね」とか、「いや、今ここ手を差し出さなアカンやろ」というのもあったり。笑。
女性が働きやすく、もちろん男性も日々過ごしやすく、輝いていってくれたらなという願いがあります。
そういう状態に一歩ずつでも近づけるような、これからも研修会をやっていきたいです!
石倉
私も共感します!
西岡様
楽しく子育てができて、家族仲もよくて、豊かに生きていけたらなって思います。
仕事のスキルも上げなきゃいけないし、すごく大変ですけど、それも含めてエンジョイしていけるような人生になってもらえたらなと思います!
石倉
素敵なお話をたくさん聞けてよかったです。
もっとお聞きしたいところですが、そろそろ時間なので、
この度は、研修のご依頼とインタビュー協力をありがとうございました!
西岡様
こちらこそ、楽しい研修会をありがとうございました!

JAM京滋様 ありがとうございました!

JAM京滋の皆様、参加者の皆様、担当いただいた西岡様、この度は研修のご依頼をいただきありがとうございました。

お気軽にお問合せください

Contact