女性活躍推進・仕事と子育ての両立支援・育休取得支援ならポジティブトランジションへ

伴走型コンサルティング

女性活躍推進の「伴走型コンサルティング&企業研修」をご依頼いただいた「東レ株式会社 瀬田工場様(滋賀県大津市)」にインタビュー

Positive Transitionに女性活躍推進の「伴走型コンサルティング&企業研修」をご依頼いただいいた東レ株式会社瀬田工場 担当者の阪口様に、ご依頼をいただいた経緯や、その後の様子などをインタビューさせていただきました。

プログラム:伴走型コンサルティング&企業研修
実施回数:3回+フォローアップ3回
方法:リアル会場

石倉
本日は貴重なお時間をありがとうございます!

阪口様
こちらこそよろしくお願いいたします!

研修をしようと思ったキッカケは何でしたか?

石倉
女性活躍推進の企業研修をしたキッカケは何でしたか?

阪口様
2012年から、女性活躍推進の取り組みを瀬田工場が独自でスタートしていました。
社員の意識調査からスタートして、女性が働きやすい職場環境の整備や、育児・介護と仕事の両立支援をしていました。

石倉
ご依頼いただく前から、女性活躍推進に取り組まれてたんですね

阪口様
2016年からは全社的に女性活躍推進の取り組みが始まり、社内アンケートもとりながら「女性に気づきや学びがある研修・セミナーを開催してほしい」という声も出ていて、社外から講師の方を呼んだりもしていました。

石倉
研修もされてたんですね

阪口様
一応はしてました。
でも、「いかに管理職になるか?」ばかり重視されていんです。
すごい実績のある講師を呼んで、話をしてもらっても、社員にとってはなんだか身近に感じられないというか・・・。

阪口様
「私とあの人は違うから」と言われたりもして、結局、その後の行動につながらなかったんですよね。
なので、社員それぞれに価値観があることを踏まえて、高い目線からではなく、個人ひとりひとりの課題に寄り添えるような企画が練れないか?と考えてきました。

石倉
社員ひとりひとりの価値観にもっと寄り添いたいと思われたんですね。素敵すぎます。

石倉
最初、ひとりひとりに寄り添う研修をしたいと言ったとき、上司の反応はいかがでしたか?

阪口様
上司には、女性社員のキャリアアップや、部署を超えた女性社員の交流の大切さを理解してもらって、そこにアプローチするためにこんな研修はどうか?と提案して、OKをもらいました!

研修をするにあたって不安や懸念はありましたか?

石倉
研修をするにあたって、不安や懸念はありましたか?

阪口様
ありましたね。
やはり研修を企画する以上、何をどんな目的で実施するのか、という軸を自分達で立てなきゃいけないので。それがまず大変だな~と。笑。

石倉
それで、カスタマイして研修を組み立てる私にご相談いただいたんですね。
他にはありましたか?

阪口様
参加者に対して、研修が本当に有効なものになりるのかな?という不安もありました。
一回だけの打ち上げ花火ではなくて、その後の行動につながるものにしたいので、やって本当に有効になるのかな?と。

石倉
そこは不安ですよね

阪口様
他にも、当社としての想いや、人事として積み上げてきていることの流れもたくさんあるので、その想いをしっかり汲み取ってくれる講師の方と出会えるのかという懸念もありました。

石倉
なるほど!全社的な方向性や、これまでの取り組みを踏まえて、事業所で働く皆さんのニーズとマッチさせていく必要があったわけですね。

阪口様
そうなんです!なので、パッケージになっている研修がマッチしなくなったんです。
また一方的に話すだけの研修は求めていなかったですし、事務局の想いを押し付けるものにはしたくなかったので、内容自体もいろいろなアドバイスもくださって、カスタマイズが可能な講師の方を探していました。

石倉
そうだったんですね!

阪口様
その上で、参加者が「学んだことを行動に移してみよう」「やってみよう」とモチベーションを上げられたり、働くことに前向きになれるような研修がしたかったんです。
その後の行動につなげてほしいというのが前提にありました。

石倉
そうですよね。聞いて終わりではもったいないですよね。

講師選びで重視したポイントは?

石倉
実際に講師を選ぶにあたって、どんなことを重視されましたか?

阪口様
重視したのは、
研修の目的を深く理解していただけて、安心してお任せできる方
ご自身の経験から具体的なアドバイスができる方
何度も擦り合せをして、内容ややり方をカスタマイズしていただける方
今後の取り組みにつながる意見やアドバイスをいただける方
という基準で選ばせていただきました。

石倉
それは嬉しいです!ありがとうございます!

阪口様
パッケージのところもあるじゃないですか。笑。
こちらが「このテーマでお願いします」と言ってお任せして、いきなり当日!みたいな。笑。

石倉
パッケージの研修が多いですもんね。カスタマイズするには手間がかかりますから...。
ちなみに講師選びで決め手になったのは何でしたか?

阪口
石倉先生なら、滋賀マザーズジョブズステーションなどと連携されていましたし、そこでのカウンセラー経験もお持ちだったので、安心してお願いできました。

阪口
また第一回目のご相談でも、『これまでの取り組み』『女性の今の勤務実態』などなど、詳しくお話を聴いていただいて、
親身に寄り添っていただいたことも大きかったですね。

石倉
嬉しいです!

阪口様
あとはやっぱり、、会社の上層部の意向も汲み取ってご意見をいただけるということで安心してお願いできました。
「こうすれば上層部の意向も汲み取れて、今までの人事の取り組みの流れを大切にしつつ、職場で働く方のニーズに応えることができますよ」みたいな提案をしてくれる講師がいいなと。それが一番大きかったですね。笑。

石倉
上層部、人事、現場、それぞれの想いがあり、それぞれ大切ですものね。

研修をしてどんな変化がありましたか?

石倉
研修をしてどんな変化がありましたか?

阪口様
研修後にフォローアップをすることもそうですし、今までしたことのない企画をたくさん提案してくださって、新しいやり方を学ばせていただきました。
今までは研修というと、講師の話を聞くだけのスタイルが主だったんですが、3回通しでセミナーを実施したのも初めてでした!

※フォローアップカフェとは、研修と研修の間に、参加者同士で学びを深め合うために、お昼休みに開かれる会のこと。

長期的にはどんな変化がありましたか?

石倉
研修をしてから、長期的にはどんな変化がありましたか?

阪口様
実はあの後、すごく大きな変化がありまして

石倉
ほうほう!

阪口様
研修の合間に開催していたフォローアップカフェを、実は今もずっと自主開催しているんです。
それで、当社の瀬田工場に『部署を超えたつながりが薄いという課題』がありましたので、
『女性ネットワーク構築のためにどんなことが必要か?』
『女性社員が働きやすい職場にするために何が必要か?』
というテーマで話を振ってみたら、すごく活発に意見が出ました。

石倉
そうでしたね。本当にたくさんアイデアがでてきましたよね。

阪口様
ありがとうございます!
せっかくたくさんアイデアが出てきたので、「このアイデアを実現するための活動に参加してくれる人はいませんか?」と社内に声掛けしたんですね。

石倉
そしたら・・・?

阪口様
なんと、16人もの女性社員が、「参加したい!」って手が上げてくれたんですよ!
そして、その後、なんと、労働組合の支部長と工場長に、直接プレゼンする機会まで発展したんです!
女性社員が工場長に、直接ですよ!?

石倉
すごいですね!!

阪口様
女性社員たちが自分たちのアイデアをプレゼンして。
工場長もしっかり話を聞いてくれたので、これから、新たな動きが出そうです!

石倉
聞いていて鳥肌が立ってきました!

阪口様
手を上げてくれた16人の中には研修に参加していなかった方もいたんですよ。

阪口様
「チューター制度を作ったらどうか?」というアイデアも出てきていて、その実現に向けて今動いています!

石倉
素敵ですね!
これからどう育っていくかが楽しみです。

これからの目標はありますか?

石倉
研修での成果を活かして、これからの目標はありますか?

阪口様
実は今、男性社員から「女性ばっかりずるい」という声が上がってきていて、もう女性を優遇する段階ではなくなってきたんですよね。
なので今後は、女性だけじゃなくて、男性も女性も働きやすい職場づくりをしていこうと考えています!

石倉
女性活躍推進のステージから、「男性も女性も活躍」ステージに上がったんですね!

阪口様
本当にありがたいです!
こういう変化って、よい講師の方と巡り合わなかったら得られないですよね。
今までインターネットで他社の取組事例を確認しても、探すのにすごく時間もかかって、やっと探し当てたとしても自社に合わないものだったり。笑。
その繰り返しでしたから。笑。

石倉
阪口さんが孤軍奮闘されていた様子が伝わってきます。

阪口様
石倉先生が、

  • 男女共同参画で女性が仕事をもつこと
  • 男性も育児も参加して、夫婦共同体で子育てをすること
  • 女性が仕事をしていく上で大切なこと

といったことを、協力的な想いでアドバイスをいただけたので、私たちも「どう進めていったらよいのか」考えながらお話を聞くことができました。


阪口様
講演を聞くだけの研修ではなかったのと、石倉先生が持つ能力・対応力、そこがすごい魅力的でしたね!
出会ったことがないんですよ、こういう先生に。笑。
講師の方が、企業の立場に立って、寄り添ってくださることで、取り組みが後押しされると感じました。
おかげで、社員が自分たちで今後の対応を練っていけるようになりました。

石倉
ありがとうございます!
私としても『自走してほしい』という気持ちがずっとあります。

阪口様
寄り添ってカスタマイズしてくれる先生に巡り会えて本当によかったです!

石倉
ありがとうございます!まだまだ聞き足りないですが、また今後もお役にたてることがあればお声掛けください。
インタビューにお答えいただきありがとございました!

阪口様
こちらこそです!ありがとうございました!
今後ともよろしくお願いします。

講師からのメッセージ

この度、伴走型コンサルティング&企業研修をご依頼いただいた東レ株式会社瀬田工場様、ご担当の阪口様、ご参加いただいた皆様、この度は本当にありがとうございました。

ご依頼いただく前から、様々な取り組みを試行錯誤されていました。

そんな中、企業・上層部としての想い、人事の想いをくみ取りながら、現場の課題やニーズに合わせて人事の皆さまと共に試行錯誤し、カスタマイズしていく中で、御社の一員として迎えていただいたかのように、本音でお話させていただいたこと、そして、その取り組みをカタチにするお手伝いができて本当に嬉しく思います。

今後は、ステージアップして男女ともに、一人ひとりが充分に力を発揮できる組織に向けて更なる試行錯誤を応援しています!
またお手伝いできることがございましたら、いつでもお声がけくださいね!

お気軽にお問合せください

Contact